プロフィール

カリオペ

Author:カリオペ
俺様夫と別居して9年。アラフィフ女の独り言です。そりゃ、毒も吐きますよ、もちろん。

 
ブロとも申請フォーム
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
フリーエリア
ここから登録すると250ポイント   
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |





本日もわたくし、ヨレヨレ

定例会議で残業2.5時間&サービス残業1時間
勤務中に引き継ぎ3時間、これが一番疲れた


それでもね、仕事があるだけありがたい
雨風しのげる建物の中で、冷暖房があるだけでも幸せ



俺様家を出た後に務めたところは、一つ目が大型車のメンテナンスをする会社
ほぼ雑用係
事務仕事をしていたかと思えば、ダンプだの、散水車だの、ユニック車だのを企業に引き取りに行ったり、納車に行ったり…
あれ(部品)買ってこいだの、これ(集金)やってこいだの 

あぁ、そうそう、わたしね、運転手さんはやったことがないんだけど、大型免許を持っているんです
俺様家を出る前に、いざとなったら子供を育てるためには何でもやっちゃろうと、免許だけ取ったんです
(したたかに、家を出る準備の一つとして)

その会社では、近場とはいえいきなり乗ったこともない大型車を運転するなんて、必死すぎたなと思う(汗)
しかも、工場内とかで使っている車両は、はっきり言ってヒドイ!!
ギアが、ローと5速しか入らなかったり、運転席が壊れてほとんど座れなかったり… (立ち運転状態)
構内ナンバーで車検とかなかったような… だから動けばいいみたいな車ばっか
ほんの10分ほどの距離を乗っただけで、手も事務服も油だらけ


それでも、子供を抱え生活していかれるほどの収入にはならなかった
先輩事務員さん、超いい人だったけど…
続けられなかった


そんな挫折を繰り返して今の仕事に…9年目
思い返せば、向いていない仕事を必死に頑張っていた自分がいるけど…
今は子育てが終わり、気遣う夫もいないし

過去を積み重ねてきた分、先は短い
今やれることを、頑張っておこう



応援ありがとうこざいます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 







2014/10/16(木) 23:52 | コメント:6 | トラックバック:0 |





連休の疲れと(休んでて、なんで疲れるんだか^^;;A)、連休明けの仕事ラッシュでヘトヘトになっているところへ
ワインを飲んだもんだから、昨夜は爆睡
眠れたのはいいんだけど、このところの飲み方に問題ありだと…

お酒は、買い置きをすると飲んでしまうのを分かっているから、買い物に行った時だけご購入!!と決めていた
でも、それだと割高になるし、どうせ飲むんだからとデカ安パックを買ってしまった
紙パックワイン、1800ml!! ド~ン!!
そんなもんだから、いいように毎日飲んでしまっているわけ

二日酔いになるほどは飲んでいないけど、この年で続けて飲酒の生活習慣はよろしくない
  …のは、わかっているよ

だけど今、また逃げの気分に入り込んでしまっているのですよ

理由はお仕事

今月から引き継ぎ業務が始まったのだけどチンプンカンプン
11月からは、一人でやらなければならなくなるのに、兼務のために時間がうまく作れそうにもない
あげくに、来月はISOの本審査と行政監査、更には人事考課があり、精神的にトリプルパンチをくらっている状態

今月末には、内部監査も受けなくてはならないし、監査員として他部署にもいく
監査があれば、事前に書類の準備、終われば別の書類を作成して提出   おお~

人事考課は、上司との面接があるけど、わたしも部署の人の育成面接とやらをしなければならない  
半期に一度の地獄がやってきた      苦手苦手苦手苦手苦手ニガニガニガアガアガ

やばい、やばいと焦りつつも、後回し大好き性格のために、どんどん追い込まれていく
まるで鷹に狙われ、崖に追い込まれたウサギのよう
そう、わたしは可愛いウサギちゃん

~なんて馬鹿なこと言っている場合じゃないんだ

現実逃避の飲酒となっているわけで…
このままでは、依存症も間近だ
男性に比べて女性は依存症になりやすいらしい

わたしのように、数日間飲まなくて平気でも、また飲みたくなるのはすでに依存症ともいえるんだってさ

あ~、まずい

仕事もヤバイ、依存症もまずい

ヤバイ、まずい、ヤバイ、まずい
そのストレスから逃げるために、また飲む
悪循環のどつぼに入り込んでしもうた


応援ありがとうこざいます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 







2014/10/15(水) 17:30 | コメント:6 | トラックバック:0 |





またまた、昨日のお話です


こんなとこ行ってきました

DSC_0536_convert_20141013105501.jpg



木陰でお弁当食べて
DSC_0538_convert_20141013105530.jpg



孫たちと芝そりをして遊んだり…
DSC_0540_convert_20141013105604.jpg



風が気持ちいい~!!
DSC_0542_convert_20141013105812.jpg




DSC_0550_convert_20141013105654.jpg



娘たち家族は、うちから車でそんなに遠くない所に住んでいるのだけど
わたしが、仕事、仕事でなかなか会えずにいる
孫たちが会うたびに成長しているのを感じて、アッと言う間に大きくなっちゃうんだろうなと焦りつつ…


可愛い盛りを見逃さないようにしていこうと思うんだけどね


何といっても、自分の生活を支えていかなければならない身
日常の時間のほとんどが、仕事に占領されている
残業もあるし、サービス残業もあるし、お持ち帰りの仕事もあったり…
体も思うようにならないし…  なんでこんなに疲れちゃうんだろって


夫がいて、ちょっとパートに行くくらいで、のんびりと花を育てたり、孫たちと遊んだりしたいなあ


…なんて、またまた、ないものねだりが始まった
隠居するには、まだ早い
バリバリ働いて、老後に迷惑を掛けないようにするのが一番の子孝行なんだから


いつも、自分を駆り立てていないと、すぐに気持ちが緩んでくる
そうしては、人をうらやんだり、自分の身をあわれんだり…
ばかみたい
幸せは、自分の心の中にあるのに…




応援ありがとうこざいます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 







2014/10/13(月) 11:28 | コメント:6 | トラックバック:0 |





昨日のお話です

ちょこっとランチ
友人の家に迎えに行くと
「ごめ~ん、まだ支度ができていないの、上がって待ってて」

んじゃ、おじゃましま~す
と、リビングに上り込んでソファーにチョンと座って待っていた

友人は、洗面所でお化粧をしながら話しかけてくるが
それとは別になんか、家の中がうるさい

よく見ると、友人の横では洗濯機が洗濯物のすすぎ作業をしている
キッチンでは、大きな食器洗浄機がジャバジャバと水音を立てている
そして、どこからともなく現われたのが、おそうじロボット
しかも、カメラ搭載とか言って、わたしめがけてやってくる

違う、違う、わたしはゴミじゃないから
もう、まったくおバカなんだから、しょせんロボットよね
なんて言ってたら、話ができるお掃除ロボもいるらしい
(友人の家のは、しゃべりませんでした)

「お部屋をきれいにしてちょうだい」と言うと、「わかった」と返事をしたり、
ダストボックスがいっぱいになると「苦しいよ~」と言うんだって

へえ、コミュもできるなら、もう奥さんなんかいらないじゃん
俺様夫にぴったりだわ
「俺の稼ぎで充電してやってるんだぞ」とか言いそうだけど  ^^;




パタパタとお化粧をしている間に、洗濯も食器洗いも、おそうじも終わってしまう生活って
すごい時代がきたなと思う



わたしが子供の頃の洗濯機は、脱水用のローラーがついてましたよ
今にようにドラムが回るのではなく
洗濯ものを一枚ずつローラーに挟んで、ハンドルでローラーを回転させると水が絞れるっていうもの
ローラーを回すのは、けっこうな重労働だったようだけど、それでも洗濯板で一枚一枚洗っていた時から見れば、まとめて洗濯してくれる機械があるだけで良かったんでしょうね
昔、東京の家にいた頃、大きなたらいと洗濯板で洗い物をしていた母の後ろ姿がぼんやりと記憶の片隅にあります



それから、うちにあった冷蔵庫
これはね、ほったらかしとくと冷凍庫の中が霜だらけになっちゃうというもの
ときどき、霜取りをしないと庫内が霜に占領されてどんどん狭くなっていく
だけど、製氷皿と、たまにアイスクリームが入ってたくらいで、他の物があった記憶がないなぁ
今は、霜取りどころか、勝手に氷ができているもんね


ついでに三種の神器と言われたもののひとつ、テレビ
うちのテレビは、扉がついてました
更には、テレビも、炊飯器も、ピョンと飛び出るトースターも、みんな使い終わるとカバーを掛けていました
電化製品は大切なものだったんでしょうね
今では、チャンネルを変えるのにいちいち歩いていくのは考えられないけど


今、こんな便利な生活をしているのに、まだ次々と欲がわいてきます
いいなぁ、カメラ搭載型お掃除ロボ欲しいなあ
軽自動車じゃなくてワンボックスカーがいいなぁ
お茶プレッソ、誰かくれないかなぁ


煩悩の塊だわ、わたくし
滝にでも打たれてこようか (A^.^;)




懐かしい昭和の時代
父がいた日に一日だけでも戻りたい



応援ありがとうこざいます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ここから登録すると250ポイント
  







2014/10/12(日) 11:31 | コメント:2 | トラックバック:0 |





今日はね、こんなんに行ってきた




ありがた~い高僧様の講演会でございます
勤め先からのお薦めで、自由参加なんですが…
行かなくちゃならないような重圧が…
仕事終わってやれやれという時間に、交通費使って行くのかぁ、と始めはイヤイヤ







しかし、講演会が終わる頃には
わたくし悟りを開いてまいりました


もう、心が洗われるようなすばらしいお話が聞けて良かった
人生の価値観が変わりそうです
穏やかな口調と、優しい笑顔

千日回峰行を達成されたのは、1300年の歴史の中でもたったの二人だけとのこと
そのひとり、亮潤大阿闇梨様の言葉は、わたしの文章力では伝わらないと思いますので
良かったら↓で見てくださいね
大阿闇梨のことば 引用ツイートはこちら
今週のことばはこちら



講演の中でお母様の話が出てきました

19歳で出家する日の朝
朝食の後に母がお茶碗を洗ってくれていたのですが、ガチャーンと音がました
見ると、母は私の茶碗を割っていたのです
「もう、おまえの帰ってくる所はない。しっかりと修業をしてきなさい」と


そして、大阿闇梨になり仙台に戻った時に、母は知り合いの皆に
「世間知らずの未熟者が帰ってきます。どうか厳しくいじめてやってください」と畳に頭をつけて頼んでいました
  中略
里の修業(人社会での修業)の厳しさを学びました



お母様の愛情のこもった厳しさを感じました
簡単なようで、わたしなんかには絶対にまねできない
自分の子育てを振り返って反省もしました


父は、市営霊園にいるので、お寺さんとは無縁だし
普段、手を合わせるのは、お葬式とお墓参りの時くらい
説法を聞く機会もないし、宗教には興味がなかったのだけど
これからは、ありがたい言葉だけでも、心に留めていこうかと思います


花は誰の目も気にしないし、隣の花をうらやむこともない
      アーメン     ンっ?


応援ありがとうこざいます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ここから登録すると250ポイント
  







2014/10/10(金) 23:00 | コメント:6 | トラックバック:0 |





最近、テレビ番組で医療を取り扱うものがいくつかあり
アラフィフともなると、興味深々で観ている
そこで思ったのが、名医と言われる方と出合うのは容易ではないこと

辛い症状を訴え続けても原因が分からず、その状態で何年も過ごし、やっと良いドクターにめぐり合えて改善した
…という事例を紹介をしている番組だったが、そこで感じた名医の共通点は、しっかりと患者と向き合っている
当たり前のことだと思うけど…
入口を入ってきた時の様子や、問診票の文字がおかしくないか、話している時に呼吸が乱れていないかとか

思いもよらない場所に病魔が潜んでいることがあるから
たとえ、症状が出ている部位とまったく関係がないと思えることでも、話した方がいいと言っていた


そこで、5月に虚血性大腸炎になり、かかった先生が思い浮かんだ
 ⇒虚血性大腸炎はこちらから
 ⇒大腸内視鏡検査はこちらから


ゴールデンウィークの週でもあり、かかり付けの病院はお休みだし、
地元の大きな病院は、恐ろしく混んでいると思い隣接する市の個人病院に行った


父親の病院のあとを継いだ先生は、まだ40代と若く、かなりのイケメンなのだが
パソコンの方を向いたまま、「どうしましたか?」と言った
その後、質問をしてくるのだが、わたしの返答を遮ってくる
聞かれたことだけを答えろと言わんばかりに

例えば
Dr     「症状が出たのはいつからですか?」
わたし    「3日です、夕食のあとに突然お腹がいたくなって……」
Dr      「今、聞いているのはいつからかだけ、また後で聞くから」
わたし    「………」
Dr      「症状はどんな?」
わたし    「腹痛と、下痢と下血で…」
Dr      「ちょっと待って」  キーボートパチパチ
わたし    「下血は鮮血ではなくて…」
Dr      「それは、まだ聞いてないよ」
   

こんな感じで、お腹と関係のない場所の痛みなんか、話せる状況にはない
きっと、先生なりのパソコンに打ち込むルールがあって、順を追って入力していきたかったのだと思うけど

うちで検査できるのは、5日後だけどいい? 予約でいっぱいだからね
と、それまで絶食しているように言われた
検査のリスクの説明をしている時も、粘膜を傷つけて大量の出血をする可能性があるよ、
わたしは一度もないけどね

なんとなく腕のよさをアピールされているような   (ひねくれ者ですので)
医者の腕のよさって、そこじゃないでしょ
まずは、顔見ろよって言いたい
あぁ、ほんと言ってやりたい、両手の手のひらをドクターの頬にあてて、クイッと顔をひねり
「こっち見ろよ」と…

ちょっとは、わたしの方を向いてよ
こんな美人がいるのにどこ見てんのよ   (あ〜ぁ、ブログとラジオは言いたい放題)
結局、その先生が見たのは、わたしのお尻だけでした

こんな美人、めったにいないぞ  (まだ言ってる)


なんか、話がそれてきたな
そうじゃなくって、まず患者と向き合う、話を聞くという姿勢が大事なんだと思います
それは、医者でなくても、どんな職業でも言えるし、友人と話していても同じ
夫婦も同じ ……         おい!  俺様夫、聞いてるか?



定期的に薬をもらいに行っている病院の先生も、やっぱりパソコンの方を向いている
入口から患者が歩く様子なんて見ていない
やったばかりの検査をまたやろうとしたり…   カルテ見ろよ
いろんな患者がいて、体変なんだとは思うけどね


あなた方は、名医にはなれないと思うよ
ちなみに、わたしは大腸内視鏡の検査は、人生で2回目だったけど、今回の方が痛かった
今回の麻酔はきつくて夕方まで帰れなかったけど、前回は2時間くらいで帰れたし、検査後冗談を言ったり
検査中もほとんど痛くなかった


まあ、またお世話になるかもしれないので、これくらいにしておこうかな
あと一言だけいいたいな

やめておこうかな

いや、この際だから


へたくそ!!    




応援ありがとうこざいます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ここから登録すると250ポイント
  







2014/10/08(水) 23:52 | コメント:6 | トラックバック:0 |





簡単・節約・低カロリー・栄養満点シンプルレシピ  …いってみよう
先日の焼き豚にしても、ちとタイトルに問題があるような…   
     →問題ありありタイトルの焼き豚はこちらから




普段は魚の多いわたし、でもお肉も好きです
豚肉とかも食べるけど、やっぱりお財布に優しいのは鶏胸肉
食卓への登場回数は、圧倒的に多い




あっという間にできちゃう、簡単レシピ
仕事から帰ってきて、あ″~めんどっちいって時に登場します




≪材 料 2人分≫
鶏胸肉 (皮はいらん)    100g    (塩・こしょうしておいてね)
長ねぎ            1本
チーズ            30g


DSC_0535_convert_20141005211213.jpg




≪調 味 料≫
油   小さじ1

醤油  小さじ2/3
酒   小さじ1








≪作り方≫
サラダ油で鶏胸肉の両面を焼き、ネギも加えて焼き色をつける
お醤油とお酒を振りかけ、チーズを散らす
          
             チーズがとけたらできあがり

               






こんがりと
DSC_0537_convert_20141005211240.jpg






しんなりと
DSC_0538_convert_20141005212431.jpg






パラリと
DSC_0539_convert_20141005211334.jpg






トロ~リと
DSC_0541_convert_20141005211405.jpg






できあがり
DSC_0543_convert_20141005211425.jpg



ひとり分で150k㌍くらいかな
長ねぎは、ご存じのとおり体を温めてくれるからね、風邪のひき始めや、消化器にもいい

疲労回復物質を多く含む鶏胸肉
100g程度を2週間以上食べると、疲れが吹っ飛んでスーパーマンのようになれる
                          …かも




サラダやガーリックトーストなんかとワンプレートにしたらいいんじゃないんですか
おしゃれに…
ネエ、あなた、今夜は一緒にワインでもいただこうかしら  ムフッ
なんちゃって、勝手にどうぞ


わたしは、ひとりでいただきますけど


応援ありがとうこざいます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ここから登録すると250ポイント
  







2014/10/07(火) 23:30 | コメント:4 | トラックバック:0 |





普段はね、使えるお金が決まっていて   →わが家の家計はここで見てね
スーパーに行っても、ん~、高いな、買おうかな、やめようかな、どうしようかな
と、何十円単位でチマチマと迷いながら買い物をしているんだけど

この時だけは、ど~んと買い物をする
そこは、コストコ
アメリカからやってきた会員制の倉庫
参考→コストコ


まだ、全部並べきれていない
DSC_0322_convert_20141005152129.jpg





洗濯洗剤、食器用洗剤、ハンドソープ、トイレットペーパー、紙コップ
IMG_0682_convert_20141005165246.jpg





インスタントのお味噌汁
IMG_0677_convert_20141005165931.jpg





ツナ缶16個で1.498円     十六穀米2~3合用36袋入り 1.480円    
スンドゥブチゲの素1~2人前用  6袋入り968円
IMG_0685_convert_20141005165953.jpg





ザクロ酢、牛乳で割るとおいしい
ゆず茶、冬の友
IMG_0689_convert_20141005170009.jpg




みかん、一箱498円
IMG_0695_convert_20141005170027.jpg



すっごいお金使うけど、洗剤類やトイレットペーパーなんて半年以上買わなくてもいい

紙コップは、自販機を使わないわたしの必須アイテム、1個当り2.5円  
 →自販機を使わない私はここから


お味噌汁はね、家ではちゃんと作っています
仕事の時に、朝の弱いわたしはお弁当が作れない時があって…
そんな時、以前はカップ麺を食べていたんだけど、あまり好きじゃない
それで、おにぎりだけ、ちゃちゃっと握って持っていくことにした
そんな時、お味噌汁があるとみじめさから解放されるんだ
最短賞味期限3月、これで、ひと冬はもつな



いつもは、生鮮食品なんかも買うんだけど…
帰ってきてから小分けにして冷凍するのが大変だから今回はパス


そして、コストコは会員制なので年会費がかかる
もちろん、わたしは会員ではないから連れて行ってもらうんだけど

高速代、ガソリン代、お礼にランチをご馳走して
ちょっと、余計かなと思う物を買ったり、安上がりとは言えないんだけど
わたしにとっては、レジャーなんです
コストコの近隣には、大型のショッピングモールがたくさんあって(見るだけなんだけど)
ちょっと都会に出かけた気分になって、使ったお金は、今後の生活のために役立つものばかり

しかも、思いっきりお金を使うのでストレス解消にもなるし
見ているだけでも楽しいし
気分がすっきりして、明日からまた節約です

応援ありがとうこざいます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ここから登録すると250ポイント
  







2014/10/05(日) 20:22 | コメント:4 | トラックバック:0 |





離婚する際に、「冷静な目で見る第三者が必要だと気がついて、お互い第三者を交えて離婚に進みました」
というコメントをいただいていて、先日のように意気地がないわたしには、そういった人が必要だと思いました      意気地なしはここで見てください⇒風の匂い

ところが、考えても考えても、誰も思い浮かばない
普通なら親戚のおじさんとか、仲人さんとかなのかな

どちらにしても、わたしにはそういう関係の人がひとりもいない
父も母も兄弟が多く、本来なら沢山の親戚がいたはずなのだけど…



母は二人の妹と、とても仲が良かった
わたしと、そこのうちのいとこ4人はひとつずつ年が違い、まるで年子の姉妹のような関係だった
いつも、きゃあきゃあとじゃれ合っていたのを覚えている



母の兄弟は、長女F子おばさんが絶対的な権力をもっていた (母は次女)
なぜなら、祖父母と同居して面倒をみていたからだ
F子おばさんの夫は医者、子供はいない
当時の世相からいうと、長男が力をもつはずなのだけど、そうではなかった
そして、そのF子おばさんは、わたしの母を嫌っていたようだ
90近い母は、むかし、むかしミス神田に選ばれるほどの美人だったそうな (本当はミセスを隠して出場したと白状したが (-。-;;)
受賞の時の写真があるが、娘の目から見てもかなりのものだ 
この時代の人にしては、身長が162㎝あり足も長い
F子おばさんにとってそれが面白くなかったんだと、母は言う
本当のことはわからないけど…



わたしの父は、多額の借金を残して突然逝った
その時に、F子おばさんが兄弟たちに言ったんだって
「借金の肩代わりをさせられるから、(母と)付き合うんじゃない」


そして、誰もいなくなった  (アガサクリスティーか(^。^i)ゞ
それからわたしは、いとこ達や祖母と一度も会っていない
父の兄弟たちと母は、手紙のやり取りくらいはしていたようだけど、引っ越しを繰り返しているうちに他人になった



小学生だったわたしには、何もわからなかった
なぜ、仲良しだったいとこ達と、遊ぶことができないのか
子供ながらに、親に聞いてはいけないと思い、一度もたずねたことがない
寂しい気持ちは心の中にしまいこんでいた
いろんな話は、当時すでに結婚し子供がいた姉と、母が話しているのを聞きかじった



風の便りで、別の妹が亡くなったと聞いた母は、毎日仏壇の前で拝んでいた
祖母が、最後の入院の時に、わたしの姉がお見舞いに行った
その時、「○○かい?」と母の名を呼んだそうだ

誰もが、お互いを思いながら長い時間を過ごしていたのだろう
血を分けた、親子、兄弟がなぜ離別しなければならなかったのか、ここに書いた以上に複雑な事情があったのではないかと思う
大人になった今も、聞けずにいる


祖母を始め、誰の葬儀にも出席しなかったが、母とわたしはお墓参りには行っていた
その時母は、どんな思いだったのだろうか


祖母も、おじさん、おばさんたちも、いとこも…
わたしの中では、小学生の時の記憶のまま止まっている
本当は、どんな人たちだったのかな
わたし以外のいとこは、皆仲良くしているのだろう
わたしは…  40年以上の時間は取り戻せない



そしてただひとり恩人がいたが、若くして旅立ってしまった
姉とも疎遠だ
(この二人のことを書くと、長~い話になる)


そんなこんなで、親戚と呼べるのは、娘夫婦くらいだ
娘の夫もまだ20代で、頼りない
まさか、娘の舅や、俺様家の人々に、わたしの援護を頼むわけにもいかないし…



やっぱり、ひとりで闘うしかないのかな

もぉ、誰か助けろ!!



応援ありがとうこざいます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ここから登録すると250ポイント
  







2014/10/04(土) 22:03 | コメント:6 | トラックバック:0 |





この不思議な人からのメールで、同居されてたお父様が亡くなったそうです     
不思議な人はこちらで→ふたつのホッ
葬儀が終わってからの連絡でした

ご自身は、悪性腫瘍で治療中
今年は、区画整理で家が立ち退きになり、引っ越しされている
昨年は、愛犬が亡くなっているし…
人生いろんなことがあるけど、次から次へと重ねて大きな変化があるのは大変だと思う

わたしにはどうすることもできないけれど、お悔やみの手紙とお香典を送ってきた
   ご冥福をお祈りいたします  合掌




自分はと言えば、仕事と家の往復で毎日が過ぎている
狭い世界で生きていると考えることも限られてきて
他人からみたら大したことでもないのに悩んだり、へこんだり…

あ〜ぁ、もうついてない
「ひどい1日だった」と口にするのは
   本当のひどいことが起きていない時




御嶽山が噴火
山を愛し、紅葉を楽しんでいた方達が犠牲になってしまった
ほんの日常の中に、突然悪魔が現れた
一瞬前までは、心地よい風をうけ笑顔だったはずなのに…

東日本大震災も、大雨も…
そして、被害者は事故のあとも傷を負い続ける
残された家族の苦悩は、はかり知れない
それでも人生の道は続いていく


わたしの人生なんて、甘く緩やかな道を歩いているに過ぎないと思った
仕事上の悩みなんて、おならで吹っ飛ぶくらい小さなものだ  えっ、たとえが悪いって?

小さなことにクヨクヨしてないで
すべてうまくいくって信じなきゃだめだ



応援ありがとうこざいます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ここから登録すると250ポイント
  







2014/10/03(金) 13:30 | コメント:2 | トラックバック:0 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。