プロフィール

カリオペ

Author:カリオペ
俺様夫と別居して9年。アラフィフ女の独り言です。そりゃ、毒も吐きますよ、もちろん。

 
ブロとも申請フォーム
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
フリーエリア
ここから登録すると250ポイント   
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |





今日はね、こんなんに行ってきた




ありがた~い高僧様の講演会でございます
勤め先からのお薦めで、自由参加なんですが…
行かなくちゃならないような重圧が…
仕事終わってやれやれという時間に、交通費使って行くのかぁ、と始めはイヤイヤ







しかし、講演会が終わる頃には
わたくし悟りを開いてまいりました


もう、心が洗われるようなすばらしいお話が聞けて良かった
人生の価値観が変わりそうです
穏やかな口調と、優しい笑顔

千日回峰行を達成されたのは、1300年の歴史の中でもたったの二人だけとのこと
そのひとり、亮潤大阿闇梨様の言葉は、わたしの文章力では伝わらないと思いますので
良かったら↓で見てくださいね
大阿闇梨のことば 引用ツイートはこちら
今週のことばはこちら



講演の中でお母様の話が出てきました

19歳で出家する日の朝
朝食の後に母がお茶碗を洗ってくれていたのですが、ガチャーンと音がました
見ると、母は私の茶碗を割っていたのです
「もう、おまえの帰ってくる所はない。しっかりと修業をしてきなさい」と


そして、大阿闇梨になり仙台に戻った時に、母は知り合いの皆に
「世間知らずの未熟者が帰ってきます。どうか厳しくいじめてやってください」と畳に頭をつけて頼んでいました
  中略
里の修業(人社会での修業)の厳しさを学びました



お母様の愛情のこもった厳しさを感じました
簡単なようで、わたしなんかには絶対にまねできない
自分の子育てを振り返って反省もしました


父は、市営霊園にいるので、お寺さんとは無縁だし
普段、手を合わせるのは、お葬式とお墓参りの時くらい
説法を聞く機会もないし、宗教には興味がなかったのだけど
これからは、ありがたい言葉だけでも、心に留めていこうかと思います


花は誰の目も気にしないし、隣の花をうらやむこともない
      アーメン     ンっ?


応援ありがとうこざいます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ここから登録すると250ポイント
  







スポンサーサイト
2014/10/10(金) 23:00 | コメント:6 | トラックバック:0 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。