プロフィール

カリオペ

Author:カリオペ
俺様夫と別居して9年。アラフィフ女の独り言です。そりゃ、毒も吐きますよ、もちろん。

 
ブロとも申請フォーム
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
フリーエリア
ここから登録すると250ポイント   
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |





昨日のお話です

ちょこっとランチ
友人の家に迎えに行くと
「ごめ~ん、まだ支度ができていないの、上がって待ってて」

んじゃ、おじゃましま~す
と、リビングに上り込んでソファーにチョンと座って待っていた

友人は、洗面所でお化粧をしながら話しかけてくるが
それとは別になんか、家の中がうるさい

よく見ると、友人の横では洗濯機が洗濯物のすすぎ作業をしている
キッチンでは、大きな食器洗浄機がジャバジャバと水音を立てている
そして、どこからともなく現われたのが、おそうじロボット
しかも、カメラ搭載とか言って、わたしめがけてやってくる

違う、違う、わたしはゴミじゃないから
もう、まったくおバカなんだから、しょせんロボットよね
なんて言ってたら、話ができるお掃除ロボもいるらしい
(友人の家のは、しゃべりませんでした)

「お部屋をきれいにしてちょうだい」と言うと、「わかった」と返事をしたり、
ダストボックスがいっぱいになると「苦しいよ~」と言うんだって

へえ、コミュもできるなら、もう奥さんなんかいらないじゃん
俺様夫にぴったりだわ
「俺の稼ぎで充電してやってるんだぞ」とか言いそうだけど  ^^;




パタパタとお化粧をしている間に、洗濯も食器洗いも、おそうじも終わってしまう生活って
すごい時代がきたなと思う



わたしが子供の頃の洗濯機は、脱水用のローラーがついてましたよ
今にようにドラムが回るのではなく
洗濯ものを一枚ずつローラーに挟んで、ハンドルでローラーを回転させると水が絞れるっていうもの
ローラーを回すのは、けっこうな重労働だったようだけど、それでも洗濯板で一枚一枚洗っていた時から見れば、まとめて洗濯してくれる機械があるだけで良かったんでしょうね
昔、東京の家にいた頃、大きなたらいと洗濯板で洗い物をしていた母の後ろ姿がぼんやりと記憶の片隅にあります



それから、うちにあった冷蔵庫
これはね、ほったらかしとくと冷凍庫の中が霜だらけになっちゃうというもの
ときどき、霜取りをしないと庫内が霜に占領されてどんどん狭くなっていく
だけど、製氷皿と、たまにアイスクリームが入ってたくらいで、他の物があった記憶がないなぁ
今は、霜取りどころか、勝手に氷ができているもんね


ついでに三種の神器と言われたもののひとつ、テレビ
うちのテレビは、扉がついてました
更には、テレビも、炊飯器も、ピョンと飛び出るトースターも、みんな使い終わるとカバーを掛けていました
電化製品は大切なものだったんでしょうね
今では、チャンネルを変えるのにいちいち歩いていくのは考えられないけど


今、こんな便利な生活をしているのに、まだ次々と欲がわいてきます
いいなぁ、カメラ搭載型お掃除ロボ欲しいなあ
軽自動車じゃなくてワンボックスカーがいいなぁ
お茶プレッソ、誰かくれないかなぁ


煩悩の塊だわ、わたくし
滝にでも打たれてこようか (A^.^;)




懐かしい昭和の時代
父がいた日に一日だけでも戻りたい



応援ありがとうこざいます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ここから登録すると250ポイント
  







スポンサーサイト
2014/10/12(日) 11:31 | コメント:2 | トラックバック:0 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。