プロフィール

カリオペ

Author:カリオペ
俺様夫と別居して9年。アラフィフ女の独り言です。そりゃ、毒も吐きますよ、もちろん。

 
ブロとも申請フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
フリーエリア
ここから登録すると250ポイント   
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |






今日は、父の命日
そして、わたしの人生にもう一人登場人物がいるが、この人も父の亡くなった何年か後の12月25日に亡くなった

父が亡くなった時、世間ではひと月前に割腹自殺をした三島由紀夫の話題で持ちきりだった

前々日のわたしの誕生日には、両親が揃って祝ってくれた
そして、翌日のクリスマスイブには、どこかへ出かけた父に会うこともなく、25日の朝を迎えた
父は、あまり家にいなかったがたまに居ると、子供だったわたしは嬉しくて、いつも布団の上に馬乗りになり起こした
…が、なぜかその日は馬乗りにはならず、小さな声で「お父さん」と呼んだだけだった
身動きもせず、返事がなかったのでそのまま退室した

そして日中は、父の寝ている横で炬燵に入り、母とテレビを観たり話をしていた
その後、翌日からスキーにいく予定だったわたしは、母に連れられて買い物に行った
その時、母が「あらっ、お祖母ちゃん!!」と、遠くにいる人を父の母親と見間違えた
「おかしいわね、似ても似つかない若い人なのに間違えるなんて…」

まあ、そんなことは気にもせず、家に帰り私はお風呂に入っていた
その時、母が風呂場のドアの外から、「お父さん、死んだから」と言った
その時すでに夕方

父は、深夜から朝方に亡くなっていた
その横で、わたしたちはのん気にテレビを観ていたのだ
気付いた母が救急車を呼んだが、父を運ぶことはなく、代わりに警察がやってきた

小学生だったわたしも、母とは別室で警察の人から色々と状況を聞かれた
その光景は目に写るのだが、何を聞かれたのか、何を思っていたのか思い出せない
お風呂場で、父の死を知った時の気持ちも、その後どのような行動をとったのかも思い出せない

その日から、生活が一変したのは間違いないのだけど…
葬儀の時や、その後の自分の感情を失ってしまっている



先日、いつもお邪魔しているブロガーさんがクリスマスソングを紹介されていた
それを聞いている時に、ふとある光景だけを思い出した

だぶんわたしは、幼稚園児かもっと幼い日
父に連れられて銀座にいた

デパートのウィンドウに飾られた華やかなクリスマスのディスプレイ

それだけが脳裡によみがえった

そこに母や姉もいたのか、どこへ行ったのか全くわからないが、父と手をつなぎそのウィンドウの前で立ち止まっていた日があったことだけは確かなようだ


40年以上も前の今日の日…二度と父と会えなくなった
50代になり、父の生きた人生を超えた、今が一番父が恋しい



応援ありがとうこざいます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村



【Gendama】楽しくお得にポイントが貯まる!
   ~ポイントポータルサイト げん玉~

 ★ネットでお買いものするならげん玉がお得★

たとえば…
1.げん玉内に掲載されているバナーからショッピングサイトにアクセス
  ↓
2.ショッピングサイトでいつも通りお買い物♪
  ↓
3.げん玉ポイント+ショッピングサイトのポイントがダブルで貯まる!

たったこれだけでげん玉ポイントが貯まる!!
貯めたポイントは現金webマネーに交換できてお得♪

お買い物がお得なショップの例
楽天、Yahoo!ショッピング、無印良品、nissen、ベルメゾンネット
DHC、FANCL、BOOK-OFF、TSUTAYA、イトーヨーカドーetc...

登録は無料だから、まずは登録してみよう!▼

↑↑ここから登録するだけで250ポイントが貯まります!!

※還元率はショップによって異なります。








スポンサーサイト
2014/12/25(木) 13:17 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

Mac : ご冥福をお祈り申し上げます。

人って悲しすぎると、脳のどこかにある金庫に、鍵を閉めてしまい込むみたいですね。
私の辛い思い出も、脳の金庫にあるようで、思い出そうとしても、暗い雲に覆われて、悲しかったのか、平気だったのかも分かりません。
この記憶、わかる時がくるんです。
自分が死んで49日。
この期間に、全てをもう一度見るらしい。
友達に意地悪したことも、会社をズル休みした事も、
イライラして小さかった娘に当たり散らしたことも。
すごく苦しいらしいです((((;゚Д゚)))))))
でも、頑張ったこと、善い行いで「上書き保存」されるらしいのです。
…まだ間に合うか!? (≧∇≦)

お父様との温かい思い出。
お父様も、同じ場面を大切にされているんでしょうね。
カリオペさんが、その場面を思い出すたび、お父様はとても喜ばれていると思います。
いい御供養ですよ。

お父様のご冥福をお祈りいたします。

いぐっちやん :

何とも言えません、、辛い体験でしたねと言うのは簡単ですよね(;_;)楽しいクリスマスではないのですね

カリオペ : Re: ご冥福をお祈り申し上げます。

Macさん、こんばんは。
ありがとうございます。

まっ、まに合わない!! まずい!!
いや、真面目に生きてきたはず、大丈夫かも。しかし、叩けばホコリが…!Σ(×。×;)!
と、焦りつつも全てをもう一度振り返ってみたい気持ちも強い。
忘れてしまっていることがたくさんあって…父との思い出も少なくて。

そんな体験をするんですね、亡くなった後に。
今までは…。胸を張れないけれど、これからの人生は大切に、そして優しさを持って生き、その時に上書き保存がたくさんできているようにしたいものです。

その日までブログを書きながら、少しずつ鍵を探していきます。
暖かいメッセージ、本当にありがとうございます。心温まりました。 ホッ



カリオペ : Re:

いぐっちゃん、こんばんは。
何も言葉がなくても、こうしてメッセージを送ってくれる。それだけで、何か親しい友人が寄り添ってくれているような気持ちになります。
隣に座っているいぐっちゃんの温かい体温を感じます。
いつも、本当にいつもありがとうございます。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。