プロフィール

カリオペ

Author:カリオペ
俺様夫と別居して9年。アラフィフ女の独り言です。そりゃ、毒も吐きますよ、もちろん。

 
ブロとも申請フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
フリーエリア
ここから登録すると250ポイント   
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |





いただきものぉ~

福島県のおみやげに、これもろた
DSC_0431_convert_20140928132338.jpg



お野菜食べよう、みそポン酢、フムフム
ということで、魚にかけてみた…  

DSC_0458_convert_20140928132408.jpg

うわっ、やるね福島、んめ~!!
湯豆腐や、サラダにって書いてあるけど、お肉でも麺類でも合いそう
ゆずの風味、好きだわぁ
ムフッ、美味しくいただきま~す
参考→負けるな福島応援ネットショップ


東日本大震災で大きな被害を受けて、そして今も風評被害で傷ついている福島
まだ家に帰れない方や、仮設住宅で暮らしている人たちもいる

その日、そうあの日、わたしの住む町でも大きな揺れを感じた
仕事中だったけど、テレビに映し出された映像は津波で多くの家や車が流れているものだった
今でもけっして忘れらない光景だ
しばらくは、現実だと受け入れることができなかった
この日本でそんなことが起きるはずがない
映画?  CGでしょ?

………

テレビは、番組やCMさえ自粛し、日本中が「絆」で結ばれようとしていた




わたしの勤め先は、震災のあとにボランティアを募り、炊き出しに出かけた
そして、この職種だからこそできるボランティアを一ヶ月単位で数名送り出した
参加した人は、仮設住宅での共同生活をしながらの活動だった
物品支援では、皆が指定された物を持ちよった (オムツとか毛布とか…)
子供たちに贈る為に、職員が少しずつお金を出し合って文具の購入もした

遠く離れた町から、小さな小さな支援を皆で協力してきた

現在も、東北出身の男性が中心となり、定期的にボランティア活動を続けている
前年度の社内実践事例発表会で、その活動の様子が伝えられたが…
その男性の出身校が津波で壊れてしまっている様子を映し出し、声をつまらせながら発表していた

つらい…


震災から3年半
今、自分でもできるのは、食べる応援、遊びにいく応援
福島をはじめ、東北のことを忘れてはならない
被害者は、災害のあとも傷を追い続けているのだから


そんなことを考えながら、モリモリ食べるカリオペでした
ごちそうさまです!!



拍手コメントをいただきありがとうございます。
時々、メッセージをいただいていますが…
非公開のためどのようにお返事をしていいのか分らず、同様に拍手の中に書かせていただいています。
それでご覧いただけるのでしょうか、とても不安です。 
勉強不足で申し訳ありません。 お気持ち、確かに受け取っております。感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも、よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


ここから登録すると250ポイント
  







スポンサーサイト
2014/09/30(火) 21:26 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

いぐっちゃん :

こんばんは^^ゆず味好きですー。ホント津波の映像でショックだったのが・・・いつの間にか忘れて。ボロ家があるだけでいいわ・・

カリオペ : Re:

いぐっちゃん、こんばんは。
ほんと、住める場所があって働く場所があって…。それだけで幸せなんですよね。
煩悩の多いわたしは、すぐに欲張るけど。 悟りを開かねば…。

大きな津波を超える悲しみがあったことは、忘れずにいたいものです。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。