プロフィール

カリオペ

Author:カリオペ
俺様夫と別居して9年。アラフィフ女の独り言です。そりゃ、毒も吐きますよ、もちろん。

 
ブロとも申請フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
フリーエリア
ここから登録すると250ポイント   
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |





最近、テレビ番組で医療を取り扱うものがいくつかあり
アラフィフともなると、興味深々で観ている
そこで思ったのが、名医と言われる方と出合うのは容易ではないこと

辛い症状を訴え続けても原因が分からず、その状態で何年も過ごし、やっと良いドクターにめぐり合えて改善した
…という事例を紹介をしている番組だったが、そこで感じた名医の共通点は、しっかりと患者と向き合っている
当たり前のことだと思うけど…
入口を入ってきた時の様子や、問診票の文字がおかしくないか、話している時に呼吸が乱れていないかとか

思いもよらない場所に病魔が潜んでいることがあるから
たとえ、症状が出ている部位とまったく関係がないと思えることでも、話した方がいいと言っていた


そこで、5月に虚血性大腸炎になり、かかった先生が思い浮かんだ
 ⇒虚血性大腸炎はこちらから
 ⇒大腸内視鏡検査はこちらから


ゴールデンウィークの週でもあり、かかり付けの病院はお休みだし、
地元の大きな病院は、恐ろしく混んでいると思い隣接する市の個人病院に行った


父親の病院のあとを継いだ先生は、まだ40代と若く、かなりのイケメンなのだが
パソコンの方を向いたまま、「どうしましたか?」と言った
その後、質問をしてくるのだが、わたしの返答を遮ってくる
聞かれたことだけを答えろと言わんばかりに

例えば
Dr     「症状が出たのはいつからですか?」
わたし    「3日です、夕食のあとに突然お腹がいたくなって……」
Dr      「今、聞いているのはいつからかだけ、また後で聞くから」
わたし    「………」
Dr      「症状はどんな?」
わたし    「腹痛と、下痢と下血で…」
Dr      「ちょっと待って」  キーボートパチパチ
わたし    「下血は鮮血ではなくて…」
Dr      「それは、まだ聞いてないよ」
   

こんな感じで、お腹と関係のない場所の痛みなんか、話せる状況にはない
きっと、先生なりのパソコンに打ち込むルールがあって、順を追って入力していきたかったのだと思うけど

うちで検査できるのは、5日後だけどいい? 予約でいっぱいだからね
と、それまで絶食しているように言われた
検査のリスクの説明をしている時も、粘膜を傷つけて大量の出血をする可能性があるよ、
わたしは一度もないけどね

なんとなく腕のよさをアピールされているような   (ひねくれ者ですので)
医者の腕のよさって、そこじゃないでしょ
まずは、顔見ろよって言いたい
あぁ、ほんと言ってやりたい、両手の手のひらをドクターの頬にあてて、クイッと顔をひねり
「こっち見ろよ」と…

ちょっとは、わたしの方を向いてよ
こんな美人がいるのにどこ見てんのよ   (あ〜ぁ、ブログとラジオは言いたい放題)
結局、その先生が見たのは、わたしのお尻だけでした

こんな美人、めったにいないぞ  (まだ言ってる)


なんか、話がそれてきたな
そうじゃなくって、まず患者と向き合う、話を聞くという姿勢が大事なんだと思います
それは、医者でなくても、どんな職業でも言えるし、友人と話していても同じ
夫婦も同じ ……         おい!  俺様夫、聞いてるか?



定期的に薬をもらいに行っている病院の先生も、やっぱりパソコンの方を向いている
入口から患者が歩く様子なんて見ていない
やったばかりの検査をまたやろうとしたり…   カルテ見ろよ
いろんな患者がいて、体変なんだとは思うけどね


あなた方は、名医にはなれないと思うよ
ちなみに、わたしは大腸内視鏡の検査は、人生で2回目だったけど、今回の方が痛かった
今回の麻酔はきつくて夕方まで帰れなかったけど、前回は2時間くらいで帰れたし、検査後冗談を言ったり
検査中もほとんど痛くなかった


まあ、またお世話になるかもしれないので、これくらいにしておこうかな
あと一言だけいいたいな

やめておこうかな

いや、この際だから


へたくそ!!    




応援ありがとうこざいます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ここから登録すると250ポイント
  







スポンサーサイト
2014/10/08(水) 23:52 | コメント:6 | トラックバック:0 |
コメント

いぐっちゃん :

おはようございます・・・いますよね。えらそーに!Drコトーでしたっけ?あんな医者どこにいるんでしょうか?(笑)お勉強だけしてしてきたバカ医者ですね^^V

Mac : 名医とは?

なんてドクターでしょう!腹が立ってきた!!
ああ。私も気をつけよう。
でも、思い返すと、私はいいドクターと出会えてきたかもしれません。
かかりつけの内科医は、冬でも裸足。
足元に電気ストーブがあるけど、診察室に患者さんが入ると、さりげなく、すっと、ストーブを患者さんの足元に当てます。
小学生のだった娘を連れて行った時は、小学生にわかりやすく痛みの原因を教えてくれて。
小さなことが、積み重なって「名医」と言われるのかな〜

思いやりのある先生なら、自然と技術がくっついて来るんじゃないか。
そう思いました。

最近はね、「口コミ」って恐ろしいものがあってさ。
⚪︎⚪︎医院のセンセったら、パソコンしか見ちゃいねぇ〜。
二度と行かねぇよ!
なんて、書かれてごらんなさい。
せっかく引き継がれた病院も、この先どうなるかな?
…と、ドクターに言ってやりましょう。
患者さんはお客様です。
忘れちゃ困るよ。

カリオペ : Re:

いぐっちゃん、こんばんは
親も医者でお坊っちゃんで育ったんでしょうかね
また、ムダにイケメンでちやほやされてきたんだろうなぁって感じ。
人の痛みを知ってこそ、だと思います。医者に限らずですけど…

カリオペ : Re: 名医とは?

Macさん、こんばんは
なんて優しい先生なんでしょ
患者さんことを思う心が病気を治してくれそうです。
名医とは、ホントにMacさんのおっしゃる通りだと思います。

この病気をして、今の時代でも、まだ患者は弱者だと感じました。
あぁ~口コミ書いちゃろか

まーじょ :

へたくそ!爆
そうですね!言ってやればいいんです
。。。言えないですね 心優しいこの年代
何を言われようと気にしない 改めない人間て居るんですよね
私もモラハラ経験者です。
こんな人間が世の中に居るんだ
何故?何故?ばかりの日々を過ごしました。(ちよっとだけよ)
結果 ➡治らないんですよねぇ〜
いつかやっつけたろ!(妄想で)

カリオペ : Re:

まーじょさん、こんばんは
いつかやっつけたろ!(妄想で)   ^^爆笑

経験されましたか、モラハラを…   それは、それは。
治らないですね、3回くらい死なないと…
病気だと思って相手にしない、自分が変わるしかないと思えるようになったのは、
家を出てからでした…    遅っ
心優しいんですけどね…  でも、言ってやりたい
くたばっちまえ!!  アーメン



コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。